父の施設入所をきっかけにマンションを売却しようと思ったが、認知症のため売却できない

case

解決事例一覧 父の施設入所をきっかけにマンションを売却しようと思ったが、認知症のため売却できない

2020.8.17 30代/男性

父の施設入所をきっかけにマンションを売却しようと思ったが、認知症のため売却できない

依頼前
裁判所とのやり取り等はとても不安で、後見人になることに踏み切れない
依頼後
申立書を作成およびリーガルチェックを行う

Aが所有していた投資用マンションを、Aの施設入所をきっかけに売却しようと思ったが、Aが認知症のため売却できませんでした。Aにはこの投資用マンションの他、預貯金くらいしかありません。後見人をつけようと思いましたが、お金の管理は私でもできますし、家族の中に他の人に入ってきてほしくないという思いもあります。

家族構成

父(A)、子(B)(ご相談者様)

資産

投資用マンション(500万円)

預貯金(300万円)

ご相談

父Aが所有していた投資用マンションを、父Aの施設入所をきっかけに売却しようと思ったが、父Aが認知症のため売却できませんでした。

父Aにはこの投資用マンションの他、預貯金くらいしかありません。後見人をつけようと思いましたが、お金の管理は私でもできますし、家族の中に他の人に入ってきてほしくないという思いもあります。

また、父Aにはそれほど資産がないため、後見人に報酬を支払うのもちょっと難しいと思います。

ただ、私も法律は素人なので、裁判所とのやり取り等はとても不安で、後見人になることに踏み切れないでいます

解決例

司法書士法人ワイズパートナー(以下:WP)にご相談いただき、子Bを候補者とする申立書を作成。申立書のリーガルチェックを行う

ご相談者さまの声

WPは後見業務を50件近くされている事務所だけあって、何の問題もなく私が後見人として選任され、後見監督人の就けられずに済みました。

また、就任直後に今後の後見人としての注意点を教えていただき、最初に裁判所に報告する報告書を代行して作成していただきました。その後の報告書等はWPに作成してもらったものを参考に作ればよかったので、私が作成し、ただそのまま提出するのは不安だったので、リーガルチェックだけしてもらいました。

報告書作成や相談料として多少費用はかかりましたが、何の問題もなく後見業務を遂行でき、父を最期まで看取ることができました。

Information
笠田先生

司法書士法人ワイズパートナー

司法書士 
笠田 佑介(東京司法書士会所属)

司法書士法人WISEPARTNERは、認知症後の対応だけではなく、認知症になる前の対策など、ご相談者様が現在状態で、何の対策を取らなければならないかのご相談も対応可能です。専門家として、認知症への正しい選択肢を提供しています。

家族信託の基礎知識

成年後見の基礎知識

解決事例

よくある質問