高齢の両親と物忘れが進行した母のことを考えて、自宅の管理をどうするか悩んでいる

case

解決事例一覧 高齢の両親と物忘れが進行した母のことを考えて、自宅の管理をどうするか悩んでいる

2021.2.20 高齢の両親

高齢の両親と物忘れが進行した母のことを考えて、自宅の管理をどうするか悩んでいる

依頼前
自宅の売却は考えていないが、古くなった自宅の管理をどうするか
依頼後
家族が年に1~2回程度集まるときにABも一緒に自宅で過ごせるように

父も母も年に数回家族全員が自宅に集まることをとても楽しみにしているため、自宅をすぐに売却することは考えていないし、する必要もない。しかし、自宅は古くこのままにしておくと危険なため、近いうちに修繕も必要だと思われる。

関係者

 委託者兼受益者父(A)

 二次受益者母(B)

 受託者(相談者)長男(C)

 信託監督人次男(D)

 ABは地方在住 CDは東京在住

委託者の財産

 A名義の自宅不動産

 預貯金1億円

 有価証券3000万円

 収入は年金と有価証券の配当金

 Bの預貯金は1000万円

相談内容:Cからの相談

父母共に地方在住。

父は既にリタイヤしており、いまでは読書や多少の株取引を趣味として悠々自適の生活を送っている。

母は、ずっと主婦をしており、最近物忘れが進んできている。

長男次男は既に独立しており、それぞれに家族がいるが、毎年お盆やお正月には家族全員が実家に集まって、にぎやかに過ごしている。

父も母も高齢になってきており、父から、母と一緒に施設に入ろうと思っていると打ち明けられる。そうすると、自宅の管理をどうするかが問題になる。父はまだ判断能力に衰えはないが、この先認知症になった場合、または病気で寝たきりになってしまった場合に備えた方がいいのではないかと長男は考えている。

ただ、父も母も年に数回家族全員が自宅に集まることをとても楽しみにしているため、自宅をすぐに売却することは考えていないし、する必要もない。しかし、自宅は古くこのままにしておくと危険なため、近いうちに修繕も必要だと思われる。

解決事例

  1. まずは、家族全員でABが入所する施設を検討する。並行して下記、信託契約を締結する。
  2. 施設に入所しても、家族が年に1~2回程度集まるときにABも一緒に自宅で過ごせるようにする。
  3. 委託者兼受益者をA、受託者をC、二次受益者をB、信託監督人をDとする。
  4. 信託財産は自宅不動産、預貯金5000万円とし、信託契約に自宅の管理を受託者がする内容とする。
  5. 施設利用料は委託者が自身の年金と有価証券の配当金で支払うようにする。
  6. Aが死亡した後はBが受益者とし、Bの認知症の程度次第では自宅を売却する。
  7. Bの施設利用料はAの死後は信託財産から支出する。
  8. ABが死亡したら、信託財産はCDが2分の1ずつ受け取る。

結果

ABが施設入所した後、年に1、2回程度しか帰省できないため、自宅を不動産会社に管理委託することに。管理委託したことにより、家に白アリの巣があることが判明し、早急に対応できた。また、これを機に、父母が家にいるときに過ごしやすいようバリアフリー化もした。

今年の夏に父母が一時帰宅するので、家族全員これを楽しみにしている。

Information
笠田先生

司法書士法人ワイズパートナー

司法書士 
笠田 佑介(東京司法書士会所属)

司法書士法人WISEPARTNERは、認知症後の対応だけではなく、認知症になる前の対策など、ご相談者様が現在状態で、何の対策を取らなければならないかのご相談も対応可能です。専門家として、認知症への正しい選択肢を提供しています。